暮らし快適情報リンク

経理ソフトの比較をしてみました

会社ではもちろん、個人事業で、今はどこでも経理ソフト、会計ソフトを使用して、会計業務を行っていると思いますが、はじめて導入する時や、今のシステムを入れ替えようとするとき、どんな経理ソフトを選べばいいのか…はすごく悩みますね。一度システムを取り入れてしまうと、後で変更するのは本当に大変です。

ここでは、実際に市販の経理ソフトを使用して、会計業務を行っている方の口コミ情報などを元に、おすすめの経理ソフトを探して見ました。価格などについても調べてみました。参考にしてみて下さい。

 

 

経理ソフトの比較|【弥生】【JDL】

【弥生会計】まず一番、人気があるのはやはりこの弥生会計のようです。多くの事業所で使用しているので、経理担当の方が変わっても、問題なく引き継ぎができるという利点もあります。価格は、スタンダードタイプで定価42,000円ですが、ネットショップや、パソコンショップでは30,000円くらいで販売されています。画面操作もとても使いやすく、機パソコン会計がはじめての方でも、入力が簡単にできます。一番売れていて、一番人気が高いことは間違いないと思います。

弥生シリーズは個人事業向けの「弥生の青色申告」という商品もありますので、個人事業主の方はこちらを購入するといいでしょう。価格は1万円ほどです。


【JDL】次に人気があるのは、このJDLの「JDLIBEX出納帳」です。こちらは、会計事務所にチェックしてもらう際のやり取りがスムーズにできるように設計されています。はじめての方にも使いやすいと好評。価格は定価で\134,400(税込)。すこし価格は高くなります。


建設業の場合は、工事原価という考えが発生するので、少し、一般の経理ソフトと変わってくるのですが、項目の設定をしっかり行えば、弥生やJDLでも問題なく会計処理はできると思います。

 

弥生経理ソフトの体験版ダウンロード

経理ソフトの大手メーカーは、体験版をダウンロードすることができます。30日程、自由に使って、使い心地などを試すことができます。その体験版で入力したデータも購入版に引き継ぐことができる経理ソフトがほとんでです。買い替え、導入の際は、こういったダウンロードサービスを利用することをおすすめします。経理ソフトは、慣れるとすぐに使えると思うのですが、慣れるまでは大変です。ベテラン経理の方も、経理ソフトが変わると、しばらくは入力に戸惑うかもしれません。また、勘定科目の設定なども、自社用に登録していくのはかなりの手間。できれば、同じ経理ソフトを長く使えるように、しっかりと使いやすい経理ソフトをはじめの段階で選びましょう。

 

弥生会計では、無料の体験ダウンロードサービスと併せて、導入前相談も受けてくれるようです。ホームページからの質問を受け付けてくれるので、便利です。体験版をまずダウンロードして、その後、質問してみてもいいですね。
弥生会計無料相談と体験版ダウンロード>>

 

 

 

 

 

経理ソフトのフリーソフト(無料フリーウェア)

経理ソフトには、いくつか無料のフリーソフトも出ているようです。市販のソフトに比べると、多少、使い勝手は悪いかもしれませんが、無料ですので、試してみるのもいいかもしれません。エクセルベースのものがほとんどです。市販のものよりは、劣ると言っても、フリーソフトとしてはかなりの優秀ソフトです。なにも経理ソフトを使わず処理をしている場合は、ぜひ試してみて下さい。フリーソフトの総合サイトVectorに、たくさんの経理ソフトがあります。【経理システム21】などのソフトが人気が高いようです。


市販の経理ソフトも無料のフリーソフトも慣れることが一番です。はじめはわからなくても、使っているうちに、簡単にできるようになります。パソコン会計はとても楽ですので、まだ経理ソフトを導入してない方はぜひ、検討してみてはいかがですか?

 

 

 

 

PR

  • ホームヘルパー2級通信講座
  • 就職作文の書き方
  •