リフォームの費用について

リフォーム費用はわかりにくい?

リフォームの費用は、新築住宅に比べるとわかりにくいと言われます。何もないところに家を建てていく新築工事とは異なり、「壊してみなければわからない…」という部分があるからです。

これは、決して悪い業者に限ったことではなく、良心的な会社でも、同じようなことがあります。
ですが、思わぬ予想外のリフォーム費用は払いたくないですよね。
これを防ぐためには、業者に依頼する際に、しっかり見積もりを取ることをおすすめします。
その際、「状況によって別途工事が発生することがあります」という説明があると思うのですが、この部分についてしっかり説明を聞いていくのがポイントです。

 

リフォーム別途費用って?

このリフォームの別途工事というのは、たとえばリビングのリフォームを依頼して、壁を解体してみたら、痛みがひどく、一部の構造の強化が必要になった…など。
外からは見えない部分で発生したりします。
ある程度古い家の工事ですと、こういう費用はかかってくることが多いのですが、はじめから見積もりに入れると、リフォーム見積もり費用が上がってしまうので、業者の方も、できるだけ、最低限の費用でできる見積もりをあげてくるでしょう。
ですので、確認の際には、「他に、どんな費用がかかる可能性があります?」という、高くてもここまでという費用の概算を、聞いておくと思わぬトラブルに巻き込まれません。
リフォームの費用は、その工事について「高くていくら」「安くていくら」ということを把握しておくようにしましょう。

リフォーム費用の概算金額|キッチン、オール電化など

リフォームで今、多いのは、「オール電化にしたいという」工事が、オール電化にするには、キッチンのガスレンジをHIヒーターに変えるという工事と、お風呂の温水器を電気温水器に変えるというリフォーム費用がかかります。
HIヒーターや、温水器の金額は一般的な定価がありますので、ここで、差が出てくるのが工事費です。
できれば、数社、見積もりを取り、リフォームの費用を比較してみるといいでしょう。
キッチンをHIにし、エコキュートなどの電気温水器を設置した場合の、リフォーム費用は【100万〜150万】くらいではないでしょうか?(選ぶ機種、家の配管の状況などで、大きく変化します)

 

リフォーム費用の概算金額|トイレ・浴室の改装など

トイレのリフォーム費用は、比較的、安くできると思います。壁の位置などを変えずに、便器を新しくして、壁や床を張り替えるだけでしたら、20万〜40万位でできると思います。
和式トイレから洋式トイレへ変更リフォーム費用もこのぐらいの予算でできる思います。(便器・便座をハイグレードにすると少し高くなリますが…)。
また浴室のリフォーム費用は、その新しくするユニットバスのランクによって大きく変わります。
高いユニットバスは多機能(テレビ・ジャグジー・サウナ機能など…)ですが、そのユニットバス本体で300万〜という金額になりますので、工事費を合わせると、少し高額になってしまいます。
反対に、古いお風呂をとにかく新しいユニットバスにというのであれば、100万位でも可能だと思います。

リフォーム費用で後悔しない為には、頼む側も準備が大切です!

リフォームの費用はわかりにくいと言われますが、しっかり見積もりをとって、説明を聞けばトラブルにはなりにくいと思います。
ですので、納得できるリフォーム費用になるよう、しっかり打ち合わせをしてください。これが原則です!

 

 

また、インターネットで複数の業者に概算の見積もりを依頼することができるサービスもおすすめです。
全国ネットで、いくつかの会社でもこのようなサービスを行っていますが、「匿名」で依頼をできる【ホームプロ】が、一番いいのではないでしょうか?
まだはっきり工事をするかどうか決めていない時など、こちらの連絡先を明かすと、営業攻撃にあいそうでちょっと怖いですよね。
その点、このホームプロは、相手の業者には、匿名で見積もりの依頼ができます。これは本当に、利用者にとっては嬉しいサービスですよね。もちろん、見積もりは無料で依頼できます。

 

リフォーム ホームプロ

 

25万人が利用!利用者数No.1のリフォーム業者選びサイト「ホームプロ」