社会福祉士の受験資格

社会福祉士の受験資格

社会福祉士の受験資格について。国家資格の社会福祉士には受験資格があります。福祉系大学卒、社会人での実務経験などによりことなります。これから、資格取得を考える方に、その概要について解説します。

 

社会福祉士の受験資格:資格の概要

社会福祉士は、昭和62年に制定された 「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられた、比較的新しい国家資格ですが、ここ近年、急速に注目されてきている国家資格です。社会福祉士は、「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と、いう位置づけにあります。老人福祉法関係施設だけではなく、児童や、生活保護家庭、母子及び寡婦家庭、医療施設、知的障害者福祉法関係施設など、様々な施設の相談・援助業務を担当するソーシャルワーカーです。


この国家資格を目指す方は、今とても増えているようなのですが、社会福祉士は誰でも受験ができる資格というわけではなく、受験資格が定められています。まずは、この受験資格をクリアし、その上で国家資格試験に合格しなければなりません。
では、その実際の受験資格を見ていきましょう。

 

社会福祉士の受験資格

 

社会福祉士の受験資格を得るには、以下のようなケースがあるようです。


【1】福祉系大学4年制を卒業。(卒業までに厚生大臣の指定した12の単位を取得すること、もしくは、6つの指定単位を取得し、短期養成施設など・通信課程を修了した場合)
【2】福祉系短大を卒業(3年制の場合、卒業までに厚生大臣の指定した12の単位を取得し、1年の実務経験があること。もしくは、6つの指定単位を取得し、短期養成施設など・通信課程を修了し、1年の実務経験があること。2年制の短大の場合は実務経験が2年必要)
【3】法的職種を経験した者 (児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事、査察指導員の経験が5年以上ある場合)
【4】一般大学(4年制)を卒業し、一般養成施設・通信課程(1年以上)を修了。
【5】一般系短期大学(3年制の専修学校等)を卒業し、1年間の実務経験、および一般養成施設など・通信課程(1年以上)を修了すること。
【6】一般系短期大学(2年制)を卒業し、、2年間の実務経験、および一般養成施設など・通信課程(1年以上)を修了すること。
【7】上記以外の場合は、4年間の実務経験および、一般養成施設など・通信課程(1年間)を修了すること。


というのが今の社会福祉士の受験資格を満たす条件です。福祉系の大学を出ている場合は、すんなりと、試験を受けることができるので、社会福祉士を目指すのであれば、早いうちから進路を決めるというのが必要かもしれません。
しかし、社会人でも、実務経験があれば、受験資格を得ることができますので、社会福祉士関連の施設ですでに、実務で相談員等をしていて、改めてこの国家資格を受験するという方もいるようです。

 

 

社会福祉士の受験資格を得るための養成施設や、通信教育機関

 

福祉系の大学、短大の卒業生ではない方が、受験資格を得るためには、養成施設や、通信課程での修了が必要になります。養成施設は、全国にありますので、社会法人「日本社会福祉士会」のホームページで確認するといいでしょう。一覧で県別に出ています。ただし、費用等については各学校で、違いがあるようです。

また、養成施設にの学校に通えない場合には、通信教育もよく利用されているようです。NHK学園が人気が高いようです。社会福祉法の改正にあわせ、通信教育と、スクーリングの併用のかカリキュラムで、時間がない方でも、勉強ができると昔から好評ですね。社会福祉士国家資格の合格率も高いようです。
福祉系大学以外からの受験資格の取得は、なかなか大変な道だとは思いますが、やりがいのあるこれからの仕事、社会福祉士。ぜひ、国家資格取得目指して頑張ってください。

 

 

 

 

 

PR

  • ホームヘルパー2級 講座を取得するためのおすすめの学校 比較
  •