宅建の合格率

宅建の合格率

宅建(宅地建物取引主任者)の試験の合格率について調べてみました。

宅建の試験は1958年に始まりました。その当時に受けた方の話では、宅建試験の合格率は非常に高く、「誰でも受かるよ」と言われていたようです。しかし、受験者がどんどん増えるにつれ、年々宅建の試験の難易度はあがり、今ではかなり難しくなってしまったようです。建設業、不動産業に長い間携わっている方でも、何年も合格できないという方もいます。試験の受験資格は不問で、誰でも受けることができます。
反対に、しっかりと要点を得て、勉強を進めた方は、全く宅建の知識がなくても、一回の試験で合格という方もいるようです。では、実際に、過去の宅地建物取引主任者「宅建」の合格率を見てみましょう。

 

 

宅建合格率の推移

宅建の合格率は近年の過去データでは15%前後だと言われています。
合格点は、例年30点から35点くらいで合格率によって、この合格点が決められてるようです。宅建の試験に合格するには合格点から考えると、約7割の正解率で合格ということになります。
ここ10年の宅建試験の実際の合格率は、平成20年度で15.2%、
平成21年度で17.9%、
平成20年度で16.2%。
平成19年度で17.3%。
18年度は17.1%。
17年度は17.3%。
16年は15.9%。
15年は15.3%。
14年は17.3%。
13年は15.3%。
12年は15.4%。
11年は15.9%。
10年は、13.9%の合格率となっています。
宅建試験が簡単だったと言われる、試験制度の開始当初の合格率は、昭和34年(1958年)93.0%です。

その後昭和37年くらいまで60%以上だったようです。そして、今の合格率15%前後までだんだんと落ちてきたようです。昔受けた方は、本当にうらやましいですね。

宅建の合格率がいいと言われる予備校

宅建の合格率で考えると、人気のある予備校は日建学院があげられるでしょう。他の専門学校・予備校とはことなり、基本的にはこの宅建試験がこの学校のメインの科目ですので、合格への実績があります。多くの宅建試験合格者を出しており日建学院からの宅建試験合格率は高いのではないでしょうか。
日建学院

 

 

通学が難しい場合は、通信教育になると思います。多数の講座がありますので、比較してみるといいでしょう。

 

 

 

宅建講座 おすすめの通信教育

 

 

宅建の勉強にはじめて取り組む方は、できればテキストだけの勉強法はあまりおすすめできません。聞きなれない法律や用語などがいろいろ出てきますので、文章だけではなかなか理解ができません。この通信教育の最大の難関はここです。ここで理解できずに、挫折してしまう人が多いようです。できればDVDなどの「耳」と「目」を使った講座がおすすめです。

 

一番のおすすめは、LECリーガルマインド。
通学のコースもある、LECの場合、受講生の生の声が、通信講座にも生かされているため、「わかりやすい」「理解できる」と評判が高いようです。

 

LECリーガルマインド→宅地建物取引主任者サイトはこちら